お勉強 美容・整体の話

呼吸について

更新日:

人間にとって最も大切なもの「呼吸」。息すること=生きること。先日見たテレビでシンクロの小谷実可子さんは現役時代4分呼吸を止めて入られたそうです。羽生結弦選手の演技時間とほぼ同じですからものすごいことですよね!

呼吸の役割

いうまでもなく「酸素」を体に取り入れる役目をしています。高校の生物でも勉強した記憶ありますね。

食事などから有機物を体に取り入れます。その有機物からエネルギーを取り出すのですが、その段階で酸素が使われているのです。有機物が分解され、酸素と反応し、エネルギーが得られます。=酸素がないと活動するためのエネルギーを取り出すことができないのです。

エネルギーは形を変えて、体温を上げたり、筋肉を動かしたりしています。加齢や姿勢の悪さなどで呼吸で酸素が取り入れられなくなると、活動するためのエネルギーを得ることができなくなってくるのです。治りの悪さやだるさ、痩せにくさに繋がってくるのですね。

そしてもう一つの呼吸の役割があります。呼吸は落ち着いているときは深く、ゆったりとしたものになります。反対にストレスを感じているときは浅く、はやくなります。このように呼吸は精神状態を表します。呼吸運動は呼吸に関わる筋肉を介して背骨、ろっ骨、内臓の動きに関係してきます。精神状態と背骨内臓など体を繋ぐものの役割もはたしています。

最初にあげさせていただいた4分も息を止めていられる小谷実可子さんのような方と一般人では何が違うのでしょうか?色々要因はあると思いますがその一つに「横隔膜の伸び縮みが大きい」というのがあげられると思います。

柔軟性が高い横隔膜を使って肺にたっぷりと酸素を溜め込むことができるのです。

呼吸の種類〜腹式呼吸〜

腹式呼吸はお腹の動きを使った呼吸です。胸郭の下方への動きで内臓が圧迫されて前方へ押し出されるためお腹が大きく膨らみます。

横隔膜の動きで行われるのですが、この横隔膜は内臓の上に覆いかぶさるようにあってこの筋肉が動くことで内臓の運動が促されるわけです。内臓のマッサージですね。

内臓は体をリラックスさせる副交感神経と関係しているので腹式呼吸で内臓がマッサージされることで、副交感神経系が活性化し、リラックス効果が得られるわけです。

よく「腹式呼吸をしてくださーい」と言うと呼吸が入るよりも先にお腹を膨らまそうとしてしまう方がいます。腹式呼吸=お腹膨らまさなきゃ、というイメージがあるからでしょう。

イメージとして、息を取り込む→横隔膜が押し下がる→内臓が押されて自然にお腹が膨らむ

ようにされるとやりやすいのではないかと思います。

呼吸の種類〜胸式呼吸〜

胸式呼吸は胸を動きを使った呼吸です。背骨、ろっ骨、胸骨で構成される胸郭の前後、左右、上方の動きで呼吸が行われます。

胸郭のスペースを広げていくので、背骨、ろっ骨、胸骨の関節の動きが伴います。胸式呼吸を行うことで、自然に関節のストレッチになります。それが胸郭の柔らかさを促すことにつながります。胸郭の柔らかさがあると肺を大きく使うことができるので、たっぷりと酸素を取り込むことができ、活動するためのエネルギーを生み出すことができます。

胸式呼吸は交感神経を優位にします。頭がスッキリし、適度な緊張感を体に与えます。エクササイズ中にはこの働きが役に立ちますね。

肋骨に手を当てて鼻から息を吸い込み胸が膨らむのを感じます。お腹が一緒に膨らまないように腹筋は締めておきます。息を吐く時もお腹が緩まないように肺全体を使うように吐き出します。

どちらもできるようにしておこう

腹式、胸式どちらもメリットがあります。これからエクササイズをする、活動をする、時は胸式呼吸で適度な緊張感を、寝る前や一息つきたい時心を落ち着かせたい時は腹式呼吸を。

あなたは1日のうちにどれだけ呼吸を意識していますか?

お金もかかりません。場所も選びません。生きることは息をすること。今日から意識してみてくださいね。

ありがとうございます。

 

 

-お勉強, 美容・整体の話
-, , ,

Copyright© tao~body&mental tuning~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。