姿勢塾の話 整体の話

脚が痺れる!腕が上がらない!変形性頚椎症

投稿日:

60代女性。整形外科で変形性頚椎症と言われリハビリ中ですが痺れが良くならない。腕も上がらない、ということで整体で来院されました。整形外科では電気治療と牽引(!)をされていたそうです。

「変形性頚椎症とは」椎間板の間が狭くなり、圧迫によって骨が棘のように変形。これによって色々な刺激を起こすことがある。主に加齢変化で起こり、30代から50代に多い。悪い姿勢での仕事やスポーツなどが誘因になることもある。神経が圧迫されると、首の痛みや肩こり、痛みや痺れを手に感じる。飛び出す場所によって神経を圧迫する位置が変わるので痛みや痺れの出ることころも違う。

猫背のおかげで下腿三頭筋がちょっと触れただけで激痛を訴えられました。頚椎2番も左にずれています。DRTで背骨の調整をさせていただいて、再度検査したところどちらもかなり改善。通常ですとそのまま「では3日後に」などとなるでしょうか。

いえいえ、私は「痛みで通わせ続けない」を目指す姿勢改善整体師です( ´∀`)。この方は旅行が趣味でたくさん歩けるようになりたい!と明確な目標もあります。何より日々猫背を気にされていてまっすぐにする努力をしていたようなのですが、とても勿体無いやり方だったので・・・Let's姿勢塾3級!

初めはふにゃふにゃと私の腕の力にも負けてしまうような骨盤力でしたが、調整後のビフォアアフターを確かめて「うそー全然違うよ!全然耐えられるようになった!」しっかり力を入れれるようにしたので当然です。

その後なぜ腕が挙がらないのか、実際に体を動かして頂きながら説明。「なるほどねー、納得」納得できるから続けられるのです。股関節の動きなども一緒に確認していきます。

こうしてできた写真のビフォアアフターの違いです。骨盤がしっかり締まって、肩の力が抜けているのにスッと背中が伸びています。まずは基本を覚えていただいたので、定着させる方法をお伝えするためにあと2回姿勢塾に来て頂きます。

 

「さっきまで右の耳に腕がつかなかったのに全然楽に上がる!」「頑張ってる感じがないからこうやって立つ方が楽かも」

神谷はほとんど触っていません。ただ身体にとって楽になる姿勢をお伝えしただけです。痺れの変化がどうなるか楽しみです。DRTの調整も持ってくれると嬉しいなー♪

 

-姿勢塾の話, 整体の話

Copyright© 整体chiyute~hiro骨盤塾〜 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。